About YURIMI AKIYAMA

秋山 祐吏美<あきやま ゆりみ>

名古屋市在住。
小学生の頃から作詞・作曲が好きで、高校時代にオーストラリアに
留学し、自分の好きな音楽はJAZZだと確信する。
帰国後、日本福祉大学に入学。
ジャズ研究会に所属し、卒業後ライブハウス等で演奏活動を始める。

ジャズ理論をはじめ音楽全般をジャズピアニスト・納谷嘉彦氏に、
呼吸・発声法を声楽家・江端智哉氏に師事。

2004年から、日本屈指のサンビスタ・ゲーリー杉田率いる
サンバチーム「A.E.S.UNIDOS DO URBANA(ウニドス・ド・ウルバナ)」の
プシャドーラ(ボーカリスト)として数々のイベントに出演。
ブラジル音楽への想いも強まる。

 現在、自身のリーダーバンド、Musica Marcante no Coração
(ムジカ マルカンチ ノ コラサオン)
をはじめ、様ざまなミュージシャンと多数共演し、活動している。

また、英会話講師として1,2歳児~大人の日常英会話のレッスンを行っており、
(英語)教育におけるユニバーサルデザインを根本に、
日本語だからこそ伝えられるわかりやすいアドバイス(特に発音)を心がけている。

*共演ミュージシャン(敬称略)
森剣治、納谷嘉彦、松田昌、向井滋春、ゲーリー杉田 、和田直、北川弘幸、
加藤雅史、神田秀雄、倉田大輔、日景修、砂掛康浩、井上みつる 、望月雄史、
はじめ多くのミュージシャンと共演。

内田修ジャスコレクション活用事業「クリスマスジャズナイト」に出演

*納谷嘉彦リーダーバンド・AZOOのファーストアルバム
 『SEME(セーメ)~種~』、"こころの花"作詞 (2008年発売)